接続先のサーバが応答するか判別する

PHPのプログラム中で、別のサーバに接続する際、タイムアウトを適切に設定していない場合や、データ取得時にタイムアウトを設定できない場合もあるかと思います。そんなときに、まず先に接続先が生存しているかを確認しておくと、エラー処理の判定もしやすくなると思います。

そこで、接続を開始する前に事前に接続先のサーバに接続を試行してみます。

※PHP5.0以前の環境ではこのまま実行すると、throwの部分で構文エラーになる可能性があります。その場合はバージョン判定部分とthrow new Exceptionの部分を取り除いてください。



使い方は以下の通り



0 件のコメント:

コメントを投稿

Apple Musicのプレビュープレイヤーが公開されたので実際に使ってみる

Apple Musicのウェブプレイヤーが公開され、誰でもiTunesストアおよびApple Musicで配信されている楽曲の埋め込みができるようになったので使ってみました。 Apple Music マーケティングツール  こちらのページからアーティスト名や楽曲名で検...