iPhone 4購入とiPhone 4 バンパーの配布の開始

iPhone 4が2010年6月24日に発売して、本日でちょうど1ヶ月が経ちました。
需要過多により発売当初から入手が困難で、予約が必須な状態が続いています。

僕も例に漏れずiPhone 4をなかなか入手できず、発売当日にAppleストアに並んでみたものの、購入までにかなりの時間を要していたため、仕事の都合もあり途中で断念。。。
後日改めて店頭で予約を行ないました。

そして日本での発売から1ヶ月が経過した頃の昨日、ようやく入手することができました!



ちょうど約2年前に発売された iPhone 3G からの乗換となるため、画面の美しさ、動作の快適さに衝撃を受けています。
iPhone 3Gの方は発売当日に購入したので、なんだかんだで2年間使い切ったなーというところです。割賦購入なのでまだ2ヶ月分の残債がありますがw
それでももう文字入力中にアプリが固まってそれまで入力してた文章がパーになることもなくなるんだ!\(^o^)/
というわけで新しいiPhone 4に非常に満足しています。



そんなiPhone 4ですが、発売からまだ1ヶ月しか経過していないにもかかわらず既に問題も指摘されていたりします。
ご存知「アンテナ問題」。
結果的には先日ジョブズ氏がこれについて釈明会見を行うまでに至り、iOS 4での電波計算式が間違っていたとしてiOS のバージョンアップを行ない、さらに噂されていた「iPhone 4 Bumper」の無償配布を購入の全ユーザに対して本当に実施するまでになりました。
iPhone 4のアンテナ問題の正式な対応がされるまで、Appleの株価にも影響が及んでいましたが、上記対応の発表により株価の方は持ち直したそうです。

と、長い前置きはさておき発表されていたバンパー配布の件ですが、既にバンパーを購入したユーザにはバンパーの金額を返金する対応を先日より開始しました。
また、まだ購入していないユーザへの配布については、本日対応方法が発表されました。

その方法とは、専用の申込アプリ「iPhone 4 ケース提供プログラム(iPhone 4 Case Program for iPhone 4)」を通じて申し込みを行うというもの。


アプリのダウンロードはこちらから行えます。


iPhone 4 ケース提供プログラム
iPhone 4 Case Program for iPhone 4 on the iTunes App Store





アプリから申込可能なのはApple純正の iPhone 4 Bumper を含めたいくつかのケース(Bumper以外はApple Storeで扱っているサードパーティ製品)を選択できるようになっています。
画像を見る限りでは色はすべて黒となっているようです。





選択可能なケースはすべて写真プレビューでデザインを確認することができます。





アプリから申し込む際に自動的に端末のIDをAppleに送信する仕組みになっているようで、これにより簡単な操作だけで実際にiPhone 4を購入したのユーザから申し込みであるかを確認できるようになっているようです。

なお、申し込みについては期限が設けられており、7月23日以前にiPhone 4を購入したユーザは8月22日まで、7月23日〜9月30日までに購入したユーザは、購入から30日以内に申し込む必要があります。
(結果としてバンパーの無償提供を受けたいユーザーは、どのユーザも30日以内に申し込む必要があるようです)

また、既にiPhone 4の販売を開始している世界中で申し込みが発生するため申し込みが混み合う可能性があります。現時点では実際に発送されるのは3週間以上先になりそうです。



NGINXのSecureLinkモジュールを使ってみる

突然ですが SecureLinkモジュール とはなんぞや、というところですが、簡単に言うと、サービス登録時のメールアドレス確認で、下記の様なメールで見たことがあるような、一定時間のみ有効な時限式URLの認証機能を提供するモジュールです。 通常このような機能を作成する場...