iOS 4 がついに一般リリース



ついに本日2時過ぎ(日本時間)にiOS 4の一般リリースしました。
これにより3Gユーザは前述の通りやや残念なアップデートとなりますが、3GSユーザ以上の方はマルチタスクやホーム画面壁紙、スクリーンロックなどの新機能を楽しめるようになりますねー。

とはいっても主に日本人には嬉しい顔文字入力ユーザ辞書機能プレイリストの新規作成・編集機能統合受信メールボックスメールスレッド表示フォルダ機能カメラデジタル5倍ズームなどなど3Gユーザでも十分便利な機能が追加されているので、アップデートして損なことはない!

なお、アップデートにはiTunes 9.2が必要なので、こちらのアップデートもお忘れなく。

#「アップデートの確認」を押しても「最新です」と表示される場合は「復元」を押すとアップデートされるかも。

iOS 4をiPhone 3Gに入れてみた



先日のWWDC 2010でのスティーブ・ジョブズの基調講演の直後から開発者向けに配信された、iOS 4(Golden Master)を手元のiPhone 3Gに入れてみました。


まず、iOS4を導入するには、以下の環境が必要となります。

  • iTunes 9.2

  • iOS4本体


iTunes 9.2 は、現在先に公開されているiTunes9.2 betaを用います。
なんでiTunesのアップデートが必要かというと、恐らくアプリ同期画面の機能で、iOS4で導入されたアプリのグループ化機能を実現させるために必要になると思われます。

ちなみに今回はどちらも一般公開前のものと言うことで、Windows版はないです。
なので、これとは別にMac OS Xの環境が必要となります。


アップデートは、まずiTunes 9.2を起動し、iPhoneをつなぎます。
そして、iPhoneの情報表示画面内にある「復元」(Restore)ボタンをAltキーを押しながらクリックします。

すると、ファイル選択画面が表示されるので、iOS4本体ファイルを選択します。
復元に際し、いくつか注意事項が表示されますので、確認の上操作していきます。

しばらくすると、iOS4がiPhone上に展開されていき、1~2回ほど再起動を繰り返してiOS4のインストールが完了します。


ちなみに自分は元々のデータのバックアップと復元がうまく行かず、アプリ、楽曲、設定などの全データが初期化されました(苦笑)
個人的にはその辺は覚悟の上で行っていたのでさほど問題とも思いませんでしたが、実行される方は各自ご注意ください。
上記の影響のためか、今まで何をするにも動作がもっさりだったiPhoneがとてもスムーズに動いてくれています(笑)

さて、そんなわけでアップデートが完了したのですが、今回は手元にあったのが3GSではなくiPhone 3Gだったので、3Gでのアップグレードによる変更点などを書いてみたいと思います。


iPhone 4 軽くまとめ

WWDC 2010でようやく iPhone 4 が正式発表されました。
はい、サラリと書きましたが、名称は iPhone 4 です。

簡単に書くと、


  • 内蔵チップはiPadと同じ Apple A4

  • 画面解像度は現在のiPhone 3G /3GSの4倍960x640

  • より決め細やかな表現が可能なRetinaディスプレイを搭載。

  • カメラ解像度も向上し、現在の 300万画素から500万画素

  • さらに5倍デジタルズームとタッチフォーカスを搭載

  • 動画撮影はHD動画の撮影が可能720p 30fps

  • LEDフラッシュを搭載

  • フロントカメラも搭載。

  • これによりテレビ電話も行える(FaceTime。ただし動画は双方がWi-Fi環境下にないと行えない)

  • 6軸加速度センサーを搭載。

  • バッテリーも向上し、待受時間は最大300時間、通話なら7時間、3Gインターネットなら6時間程度

  • iPadと同様に、SIMカードにMicroSIMを採用。

  • iOS4搭載(iPhone OS から iOSになった模様)

  • iOS4により、iBooksを搭載。またiBook Storeも近日オープン

  • 既存のiPhone OSからのバージョンアップは6月21日から提供開始。料金はiPhoneもiPod Touchも無料。(*)

  • 検索エンジンにMicrosoft社の Bing が追加。(iOS4)

  • 容量は16GB32GBの2種類

  • 色もの2種類

  • ノイズキャンセリング機能搭載

  • 価格は16GBが$199 (約2万円)、32GBが$299(約3万円)

  • 気になる発売日は 2010年6月24日 にアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、そして日本

  • オーストラリア、イギリス、ニュージーランド、香港などの一部の国は2010年7月、またその他88カ国では2010年9月に発売される。

  • 予約開始は6月15日から。

  • また、App StoreにてiMovie for iPhoneが発売される。価格は$4.99(約500円)



*初代iPod Touchは対象外。また、iPhone 3Gはすべての機能はサポートされない。

という内容でした。意外と盛りだくさん。
そしてなにより、米国などの一部の国々とあわせて日本でも真っ先に発売されることになったのは何よりも嬉しいこと!
っていうかもう2週間後ですよ!この間iPad発売されたばかりなのにこのラッシュ!
また2週間後に銀座と表参道が再び盛り上がることでしょう。

ServersMan@VPSがきたのでまず最初にしたこと

2010年4月中旬からDTIが開始したServersMan@VPSにGW中くらいに、申し込んだ。

月額490円〜という、これまでのVPSサービスとしては超格安でそこらの安いレンタルサーバ並での料金となるサービスなので、大変人気もある模様。上記の通り5月のGW中に申し込んだ結果、6月1日になってようやくVPSの申し込み完了+利用開始となった。

そんなわけで早速使ってみてます。
今回はエントリープランで申し込んだので、その構成でのメモを書いてみます。


まず申し込み完了後にDTIからは VPSサーバのIPアドレス、rootユーザアカウント(っていうかroot)、rootのパスワード、管理画面のURL(申し込んだIPアドレス内でのServersManログイン画面のURL)などが送られてくる。


早速そのIPアドレスに対してSSHでログインしてみる。もちろんrootアカウントしか通知されていないのでrootで。
するとrootユーザで自分のVPS環境にログインできる。


サーバインフラ環境を自分で用意したことがある人ならすでに当たり前ながら、SSHでrootでダイレクトに入れるのはセキュリティ上大変好ましくない。
なので、SSHでrootログインを拒否。



# vi /etc/ssh/sshd.conf

#PermitRootLogin yes
PermitRootLogin no

で、本当はパスワードログインも好ましいわけではないので、ログイン鍵を作ってそれで入るのがベスト!
…なのだけど、まだ最初の設定のところなので、取り急ぎ今は省略。後でやるようにしよう…。


次に、rootログインを拒否しただけだと今後入れなくなってしまうので、一般ユーザ用グループと一般ユーザを作成。
さらにパスワードの設定も忘れずに。


# groupadd www
# useradd -g www anon
# passwd anon
New UNIX password:

で、このままだとrootユーザでの作業がしにくいので一般ユーザに sudo 権限を持たせます。


# visudo

# 以下を追加
anon     ALL=(ALL) ALL


とりあえず、まずまずのところは完了。
ここまで来たら、rootアカウントのパスワードを削除して、suでもログインできないようにしてしまっても問題ないのですが、ここもひとまずはおいといて…。


次に、yumのアップデート。
yumのアップデートは yum update でできるのですが、エントリープランの場合、メモリが 256MBしかない関係もあり、メモリエラーでyumアップデートが実行できません。

なので、現在動いているデーモンなどを最低限にしてみます。
自分の環境ではsshdのほかにhttpdとvsftpfが稼働していたので、これらをいったん止めます。
必要なら後で再会すれば良いだけなので。


# /etc/rc.d/init.d/httpd stop
Stopping httpd:                                            [  OK  ]
# /etc/rc.d/init.d/vsftpd stop
Shutting down vsftpd:                                      [  OK  ]


ちなみに、ServersMan@VPSのOSはCentOS 5.5 なのですが、 CentOSやRedHat系で使える、 service コマンドは入ってないようでした。無くても特に困らないので問題ないですが、タイプが面倒なときには便利なんですけどね…。

# cat /etc/redhat-release 
CentOS release 5.5 (Final)

これでyumのアップデートが行えます。


# yum update
Loaded plugins: fastestmirror
Repository 'vz-base' is missing name in configuration, using id
Repository 'vz-updates' is missing name in configuration, using id
Loading mirror speeds from cached hostfile
* addons: centosk2.centos.org
* base: centosy.centos.org
* extras: centosv4.centos.org
* updates: centosk2.centos.org
addons                                                                                                                                                                                      

(中略)

Dependency Installed:
libsmbclient.i386 0:3.0.33-3.28.el5                                                                                                                                                                                                                                              

Updated:
apr-util.i386 0:1.2.7-11.el5                     audit-libs.i386 0:1.7.17-3.el5                      audit-libs-python.i386 0:1.7.17-3.el5     binutils.i386 0:2.17.50.0.6-14.el5         centos-release.i386 10:5-5.el5.centos       centos-release-notes.i386 0:5.5-0          
chkconfig.i386 0:1.3.30.2-2.el5                  cups-libs.i386 1:1.3.7-18.el5                       curl.i386 0:7.15.5-9.el5                  dbus.i386 0:1.1.2-14.el5                   dbus-libs.i386 0:1.1.2-14.el5               device-mapper.i386 0:1.02.39-1.el5_5.2     
device-mapper-event.i386 0:1.02.39-1.el5_5.2     device-mapper-multipath.i386 0:0.4.7-34.el5_5.1     dhclient.i386 12:3.0.5-23.el5             dmidecode.i386 1:2.10-3.el5                dmraid.i386 0:1.0.0.rc13-63.el5             dmraid-events.i386 0:1.0.0.rc13-63.el5     
ethtool.i386 0:6-4.el5                           filesystem.i386 0:2.4.0-3.el5                       glibc.i686 0:2.5-49                       glibc-common.i386 0:2.5-49                 hmaccalc.i386 0:0.9.6-3.el5                 httpd.i386 0:2.2.3-43.el5.centos           
iproute.i386 0:2.6.18-11.el5                     kpartx.i386 0:0.4.7-34.el5_5.1                      krb5-libs.i386 0:1.6.1-36.el5_5.4         less.i386 0:436-2.el5                      libacl.i386 0:2.2.39-6.el5                  libgcc.i386 0:4.1.2-48.el5                 
libsepol.i386 0:1.15.2-3.el5                     libstdc++.i386 0:4.1.2-48.el5                       lm_sensors.i386 0:2.10.7-9.el5            lvm2.i386 0:2.02.56-8.el5_5.4              man-pages.noarch 0:2.39-15.el5_4            mkinitrd.i386 0:5.1.19.6-61.el5_5.1        
module-init-tools.i386 0:3.3-0.pre3.1.60.el5     nash.i386 0:5.1.19.6-61.el5_5.1                     net-snmp.i386 1:5.3.2.2-9.el5_5.1         net-snmp-libs.i386 1:5.3.2.2-9.el5_5.1     net-snmp-utils.i386 1:5.3.2.2-9.el5_5.1     net-tools.i386 0:1.60-81.el5               
newt.i386 0:0.52.2-15.el5                        nscd.i386 0:2.5-49                                  ntsysv.i386 0:1.3.30.2-2.el5              openldap.i386 0:2.3.43-12.el5              openssh.i386 0:4.3p2-41.el5                 openssh-clients.i386 0:4.3p2-41.el5        
openssh-server.i386 0:4.3p2-41.el5               php.i386 0:5.1.6-27.el5                             php-cli.i386 0:5.1.6-27.el5               php-common.i386 0:5.1.6-27.el5             policycoreutils.i386 0:1.33.12-14.8.el5     postgresql-libs.i386 0:8.1.21-1.el5_5.1    
procps.i386 0:3.2.7-16.el5                       samba.i386 0:3.0.33-3.28.el5                        samba-client.i386 0:3.0.33-3.28.el5       samba-common.i386 0:3.0.33-3.28.el5        samba-swat.i386 0:3.0.33-3.28.el5           shadow-utils.i386 2:4.0.17-15.el5          
sudo.i386 0:1.7.2p1-6.el5_5                      sysklogd.i386 0:1.4.1-46.el5                        tar.i386 2:1.15.1-30.el5                  tcpdump.i386 14:3.9.4-15.el5               tcsh.i386 0:6.14-17.el5                     tzdata.i386 0:2010i-1.el5                  
vsftpd.i386 0:2.0.5-16.el5_5.1                   yum.noarch 0:3.2.22-26.el5.centos                  

Complete!

ちなみにgccなどの開発用環境はデフォルトでは入ってないようです。
なので開発用環境をまとめて入れることにします。


# yum groupinstall "Development Tools"





で、ここからが本題。
僕は普段、というか最近からzshellを使うようになり、また使いたいので、zshellを使えるようにします。





# yum install zsh
(中略)
Dependencies Resolved

========================================================================
Package                                                         Arch                                                             Version                                                                   Repository                                                        Size
========================================================================
Installing:
zsh                                                             i386                                                             4.2.6-3.el5                                                               base                                                             1.7 M

Transaction Summary
========================================================================
Install       1 Package(s)
Upgrade       0 Package(s)

Total download size: 1.7 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
zsh-4.2.6-3.el5.i386.rpm                                                                                                                                                                                                                                    | 1.7 MB     00:04     
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Installing     : zsh                                                                                                                                                                                                                                                         1/1 

Installed:
zsh.i386 0:4.2.6-3.el5                                                                                                                                                                                                                                                           

Complete!


インストールできたら、ログインシェルを変更します。




# chsh -s /bin/zsh 
Changing shell for root.
Shell changed.
# exit
$ chsh -s /bin/zsh
Changing shell for anon.
Password: 
Shell changed.


ここまででひとまず完了。
最後に、とりあえずもう一度vsftpdとhttpdを起動して、ひとまずの作業としたいと思います。




# /etc/rc.d/init.d/vsftpd start
Starting vsftpd for vsftpd:                                [  OK  ]
# /etc/rc.d/init.d/httpd start
Starting httpd: httpd: apr_sockaddr_info_get() failed for dti-vps-srv14
httpd: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 127.0.0.1 for ServerName
[  OK  ]




とりあえず、最初の段階は酔っ払って頭痛がしてきたのでここまでで終了。
あとはSVNかgit入れたり、pythonとかphpのバージョンを上げたりして遊んでみたいと思います。

Bloggerで独自ドメイン+SSLが使えるようになっていたので設定にした

このブログは元々、 blog.anoncom.net  という名前でホストし、自分でホストしているVPS上でWordpressを用いて運用していました。 しかし元々アクセス数の少ないブログ+その他サービスすべてを趣味程度で借りてるVPS1台で運用するには少々厳しくなっ...