データ通信用eSIMの契約と設定 (Pixel 4編)

eSIMの契約と設定 (Pixel 4編)
eSIMの契約と設定 (Pixel 4編)
先日Googleのイベントで発表、その後発売されたPixel 4を購入しました。
Pixel 4 (Oh So Orange)のパッケージ

PixelシリーズでもPixel3からeSIMに対応しましたが、国内版ではFeliCaが使用可能な代わりにそれが有効化されず、eSIMが使えるのは北米版でした。Pixel 4では国内版でもeSIMが使えるようになり、FeliCaも引き続き利用できるようになりました。

日本ではしばらくeSIMを提供するキャリアは存在しませんでしたが、2019年7月18日から、IIJ mioでeSIM契約の提供が開始されました。
現在はデータ通信専用、かつベータ版ということで、eSIM側で音声通話はできないですが、主回線とデータ通信線用回線でプランを使い分けすることが可能になります。

IIJ mioでは、10月31日までのキャンペーンで、初期費用3000円が0円、月額1,520円(税抜)/6GBが3ヶ月間1,000円引きの520円となるキャンペーンが開催されているため契約してみました。(10月28日までに繰り上げ、10月29日現在終了済み)

iPhone版はこちら

データ通信用eSIMの契約と設定 (iPhone XS編)

eSIMの契約と設定 (iPhone XS編)
eSIMの契約と設定 (iPhone XS編)

iPhoneはXSからデュアルSIMに対応し、中国、香港を除く地域で販売されるiPhone XS以降ではeSIMが使えるようになりました。

日本ではしばらくeSIMを提供するキャリアは存在しませんでしたが、2019年7月18日から、IIJ mioでeSIM契約の提供が開始されました。
現在はデータ通信専用、かつベータ版ということで、eSIM側で音声通話はできないですが、主回線とデータ通信線用回線でプランを使い分けすることが可能になります。

IIJ mioでは、10月31日までのキャンペーンで、初期費用3000円が0円、月額1,520円(税抜)/6GBが3ヶ月間1,000円引きの520円となるキャンペーンが開催されているため契約してみました。(10月28日までに繰り上げ、10月29日現在終了済み)

Android版はこちら


他人が自分のメールアドレスでサービスを利用した場合(AmazonとNetflixの場合)

他人が自分のメールアドレスでサービスを利用した場合(AmazonとNetflixの場合)

サービス登録とメールアドレス

本来あまりあってはならないが、サービスによってはユーザー登録時の利便性を考慮し、利用者が入力したメールアドレスの所有確認をその場ではしないものもある。
そうした場合でも、サービス利用開始後にマイページなどで受信確認を行わせるものはある。
しかし、その確認はあくまでもユーザー任意となっており、実質的に自分の所有していないメールアドレスで登録、利用できてしまうケースもある。

自分のメールアドレスを利用しないことによるデメリット

この場合で困るのは、アカウントを利用しようとしたユーザーがパスワードを紛失した際に、自力で復旧することが困難になる。
また、登録時に利用した他人のメールアドレスが実在した場合、場合によってはその所有者に登録者の個人情報が漏れる事である。

後者の場合、悪意あるメールアドレス保有者だった場合に、そのサービスにアクセスし、パスワードをリセットさせることで、そのアカウントを乗っ取ることができる。サービスの作りによっては、乗っ取ったアカウント内に保存されている住所などの連絡先情報やメールの内容、登録されたクレジットカード情報などが確認できてしまう可能性すらある。

サービス登録時は自分のメールアドレスをよく確認して登録しよう。


今回は自分のメールアドレスが他人に勝手に登録され、利用された場合の各サービスへの問い合わせと、その対応結果についてここに書く。


中古ドメインを購入しG Suiteでキャッチオールで受信してみた

G Suiteとキャッチオール機能

G Suiteは独自ドメインでGoogleサービスを利用できるもの。
代表的な機能としてはGmailで、G Suite管理画面から払い出したアカウント毎に独自ドメインで利用可能なGoogleアカウントが作成される。

そのため通常には通常のメールアドレスと同じく一つの受信先のメールのみ利用できる(別途受信用にエイリアスを指定することは可能)が、自分のドメイン宛の他のメールアドレス(存在しないアカウント)宛に送られたメールについても受信設定をすることが可能である。これをキャッチオール機能という。これはメールシステムによってサポートされていなかったりもするが、G Suiteでもこれを設定し、受信することができる。

G Suiteでは、存在しているメールアドレス以外の、存在しないメールアドレス宛のメールを設定できることはもちろん、存在しているメールアドレス宛のものも設定できる。
後者は組織で監査目的などで設定し、別途監視する、ということも可能ではある。

使用するドメインについて

さて、今回試用する中古ドメインは、中古といっても期限が切れたものをすぐに新規で取得したもので、ドメインオークションサイトなどで出品されていたものを入手したとか、前の所有者から直接譲渡された、というわけではない。

ファーストオーナーではないことが分かりきった上でこれを設定するのもなかなかイヤラシいが、はたしてどんなメールが来るのか少々興味があった。

Google DriveをEvilに(ずる賢く)使う方法について検証してみる

Google Driveはクラウドドライブサービスとして、自分のファイルのクラウド上での保存はもちろん、オンライン上の複数人への共有にも役立つサービス。
しかしGoogleサービスを使いこなしているとアカウントに割り当てられた初期容量 15GB(無償版の場合)もあっという間に消化してしまうかもしれない……。

ところで話は変わり、Googleドライブを利用していると関連製品としてオフィススイートのGoogleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライドを目にすると思う。
これらによって作られたファイルもGoogleドライブ内にファイルとして保存されるが、これらのファイルの保存容量は0バイトとなる。

ドライブ内にこのように配置してみた。画像ファイルなどはそれぞれファイルサイズが表示され、容量が消費されている。スライドファイルはファイルサイズが表示されない


これはGoogleのヘルプにも記載されているが、オフィススイート製品で作成されたファイルは容量を消費しない。そう、Googleサイトで作成したページすらもアカウントの容量制限を受けずに利用できるのである。



さて、ここで気付くことがある。もしかして、Googleオフィススイートのファイル(仮にここではドキュメント)のファイルをコンテナとすれば、ドライブの容量を消費せず、実質容量無制限でファイルを保存できるのではないか……。
悪魔(Evil)な考えですが、思いつくものは仕方が無い。試してみましょう。


東京メトロと富士ゼロックスのサテライトオフィスサービスを利用してきた


富士ゼロックスと東京メトロが実証実験を行っている、サテライトオフィスサービスを利用してみました。

サテライトオフィスサービスとは何か。

街中の一角に壁に囲まれたスペース内に電源とディスプレイとWi-Fiが提供された個室サービス。
こちらのサービスでは現在は東京メトロの地下鉄、一部駅の設置されたスペース(新宿だけ新宿野村ビル内に設置)となっていて、それぞれ時間貸しで利用できます。最低単位は15分/枠で、2018年11月現在は1枠200円(税別)です。

現在スペースが設置されている場所(主に駅構内)

今回は縁あってサービスの利用権をいただけたので利用してみました。

行ってみた

今回利用してきたのは新宿野村ビルのスペース。新宿駅西口から歩いてオフィスビル街にある新宿野村ビルの中にあります。

ブースは1階ロビー入口のすぐ脇にひっそりとあります。

事前にユーザー登録を終えたサイト上からスペースの場所と時間を指定し、予約しておきます。予約した時間になるとこのような画面が表示され、スマートフォンのブラウザ上からブースの鍵を開けることができるようになります。
利用中、途中で一時退出(外出)する際も利用します。

施錠はQrio Lockを利用していました。ブラウザ経由でサーバーを経由し解錠するため、解錠するには時間がかかります。


ブース内には1人まで入れるようになっています。またいくつか注意点があります。


ブース内は天井は吹き抜けになっていて、外の音もガンガン聞こえます。なので、ブース内での音も外に筒抜けになります。
今回は外出先での作業目的で借りてみましたが、出先での遠隔ビデオ会議などに利用したい場合にはもしかするとちょっと利用が難しいかも知れないな、と思いました。



ブース内はこのようになっていて、見切れてしまっていますが、この手前にキャスター野内オフィスチェアがあり、狭いですがスッキリシンプルなスペースになっています。

設置されている外部ディスプレイは27インチくらいのもので、RGBケーブルで接続できるようになっています。

 
背面の壁には荷物かけにも使えるフックが備えられていました。

目の前の壁から出ている電源はプラグが1口にUSBが2ポートとなっています。
また、小型のアラーム付き時計が装備されていました。

足下にはデスクヒーターと(隠れていますが)サーキュレーターがありました。
また、座席に足かけ毛布も装備されていました。
こちらのブースはビルの出入り口付近にあるため、これからの時期は寒くなってくると思われ、こうした装備も嬉しいものです。

もちろんWi-Fiも利用できます。

全面頭上にはWi-Fiルーターが設置されていると思われるボックスと、手元照明灯がありました。

このような感じで利用していました。

ブース内はしばらくいると少々寒さを感じてくるため、足下のヒーターはありがたいと思いました。また前述の通り、ブースは天井部分は吹き抜けとなっており、またこの場所はオフィスビルの1階ロビーにあり、多くの人が出入りする場所にあるため、行き来する人の声が響いて聞こえてきます。
そのため、集中して作業するスペースとしては難しいと感じました(集中したい場合はヘッドホンなどを利用する必要がありそうです)。本当に一時的な作業スペースとしての利用向けだと感じました。

こちらのビルは地下にカフェや飲食店が入居しているため、カフェを飲みながら利用もできそうです。


出先で急にちょっとした作業しなければいけない場合や、自宅に帰るまでに間に合わないときなどにすぐに利用できる場所というのはどうしても限られてしまうので、現在は実証実験中と言うことでスペースの場所も限られていますが、本格稼働する際はこういったスペースが各所にでき、いつでも手軽に利用できるとより便利になるなと感じました。

スマートフォンゲームで利用されているフォント

数多くのスマートフォンゲームが日々リリースされていますが、ゲームも基本システムが似ているものから独特のものまで様々。もちろんUIもそれぞれのゲーム毎に特徴が異なるわけですが、最近はゲーム内の世界に合わせてやや特徴的なゲーム内フォントを用いることも増えてきてます。
そんなわけで、いくつかの代表的なゲーム(筆者の観測内)で利用されているフォントをいくつかピックアップしてまとめてみます。

パズドラ

くろかねEB (フォントワークス)

モンスターストライク

コミックレゲエB (フォントワークス)

グランブルーファンタジー

ニューシネマB D (フォントワークス)




Fate/Grand Order

スキップB (フォントワークス)



シノアリス

パールL (フォントワークス)




白猫プロジェクト 


スキップD (フォントワークス)

プリンセスコネクト!Re-dive

ハミングD (フォントワークス)

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

NUDモトヤF4アポロ5 (モトヤフォント)


データ通信用eSIMの契約と設定 (Pixel 4編)

eSIMの契約と設定 (Pixel 4編) 先日Googleのイベントで発表、その後発売されたPixel 4を購入しました。 PixelシリーズでもPixel3からeSIMに対応しましたが、国内版ではFeliCaが使用可能な代わりにそれが有効化されず、...