データ通信用eSIMの契約と設定 (Pixel 4編)

eSIMの契約と設定 (Pixel 4編)
eSIMの契約と設定 (Pixel 4編)
先日Googleのイベントで発表、その後発売されたPixel 4を購入しました。
Pixel 4 (Oh So Orange)のパッケージ

PixelシリーズでもPixel3からeSIMに対応しましたが、国内版ではFeliCaが使用可能な代わりにそれが有効化されず、eSIMが使えるのは北米版でした。Pixel 4では国内版でもeSIMが使えるようになり、FeliCaも引き続き利用できるようになりました。

日本ではしばらくeSIMを提供するキャリアは存在しませんでしたが、2019年7月18日から、IIJ mioでeSIM契約の提供が開始されました。
現在はデータ通信専用、かつベータ版ということで、eSIM側で音声通話はできないですが、主回線とデータ通信線用回線でプランを使い分けすることが可能になります。

IIJ mioでは、10月31日までのキャンペーンで、初期費用3000円が0円、月額1,520円(税抜)/6GBが3ヶ月間1,000円引きの520円となるキャンペーンが開催されているため契約してみました。(10月28日までに繰り上げ、10月29日現在終了済み)

iPhone版はこちら


事前準備

設定を行う前に、事前に申し込みページからプラン契約の申し込みを行う必要があります。申し込み完了後、数分程度でアクティベーションコードが発行されます。
このアクティベーションコード(QRコード)が必要になります。

なお、IIJ mioで契約する場合、下記の紹介コードを入力すると2ヶ月間契約通信容量が10%増量されます。(eSIM契約以外ももちろん可能)
紹介コード: 150759019803177

Android上での設定

設定>ネットワークとインターネット と進み、モバイルネットワークの横に追加されている「+」ボタンから「モバイルネットワークへの接続」画面へ。あるいは、モバイルネットワークをタップ後に表示される「+ 追加」を押しても遷移できます。

SIMカードを挿入するように案内されますが今回はeSIMを追加するため、画面下部の「SIMカードをお持ちでない場合」をタップし、SIMのダウンロード画面にに遷移します。

既にSIMカードを挿入している場合、2枚のSIMを利用するかどうか確認が表示されます。ちなみにPixel 4はDSDA(Dual SIM Dual Active)やDSDV(Dual SIM Dual VoLTE)ではなくDSDS(Dual SIM Dual Stand by)で、両方のSIMで同時に待受できますが、片方で通話中はもう片方の回線では通信も停止します。


事前準備で契約したアクティベーションコードを読み取ります。

OSがアクティベーションコードを確認し、追加されるキャリアの確認が表示されます。
 


追加が完了するとデータ通信に使用するSIMを選択します。

ネットワークとインターネットの項目には追加されたSIMの契約が追加されています。アンテナピクトは2回線分の表示がされています。また、データ通信が無効化されている回線の方には✕マークが表示されます。

APN設定について

ダウンロードされたeSIM側のAPNはSIM内にプリセットされています。詳細設定以下の「アクセスポイント名」から選択できます。もし設定されていない場合、通信できない場合はIIJ mioのAPN設定を参考に設定します。

0 件のコメント:

コメントを投稿

データ通信用eSIMの契約と設定 (Pixel 4編)

eSIMの契約と設定 (Pixel 4編) 先日Googleのイベントで発表、その後発売されたPixel 4を購入しました。 PixelシリーズでもPixel3からeSIMに対応しましたが、国内版ではFeliCaが使用可能な代わりにそれが有効化されず、...