Visual Studio for mac登場

先日まさかの告知と、昨晩(11月17日未明)の Connect();//2016 で正式発表された Visual Studio for macが登場しました。(現在はまだプレビュー版)

あのVisual StudioがついにmacOSにも…!Microsoftが本当にノリノリ!と話題になっていました。
かつては自分もWindows環境を利用していた際にはVSを利用していたので、あのIDEの使いやすさ、素晴らしさはある程度知っているつもりです。
(業務用ではなく趣味レベルでの開発だったので、使いこなすほどでは無かったけど)

それが、macOSでも利用できるようになる…!
という訳ではなく、Windows版の移植ではなくXamarinベースのmac版用Visual Studioという感じでした。
実際にUIをみてみると、あぁ確かにXamarinっぽい。という印象を受けます。


Amazon Cloud Driveデスクトップアプリで日本語環境からAmazon.comアカウントでログインする

Amazon Cloud Driveのクライアントアプリを起動すると、現在利用しているOSの地域言語設定に基づき、その地域や言語向けのAmazonにログインするようになります。
こうなると、アメリカで生活しながら日本語環境を使用している場合、普段はAmazon.comを利用していてもAmazon.co.jpへログインするダイアログ表示となってしまって、Amazon.comのアカウントへはログインできません。
また、私のように日本にいながら、Amazon.comで先駆けてスタートしていた「Unlimited Storageプラン(無制限プラン)」に登録していた場合、Amazon.comのサービスにログインすることができなくなります。

この問題を回避する方法を紹介します。

他人が自分のメールアドレスでサービスを利用した場合(AmazonとNetflixの場合)

サービス登録とメールアドレス 本来あまりあってはならないが、サービスによってはユーザー登録時の利便性を考慮し、利用者が入力したメールアドレスの所有確認をその場ではしないものもある。 そうした場合でも、サービス利用開始後にマイページなどで受信確認を行わせるものはある。 ...