👋Clubhouseについてまとめ(更新)

最近流行している新しいSNS、Clubhouse 。これまでのSNSと異なり、文字によるコミュニケーションではなく、音声でのコミュニケーションがメインのSNS。



テキスト主体のSNSがTwitter、画像主体のSNSがInstagram、あるいはPinterestだとして、Clubhouseは音声、会話でのSNSとなっている。SNSなので、その時に話したい人同士で好きに聞いて、話してとすることができる。

ありがたいことに、国内ではやり始め直後に招待してもらうことができ、それを試すことができたので、この新興SNSについて、(既に書かれていること、分かっていることも多いが)分かったこと仕様などをメモとしてここに書く。


日本では2021å¹´1月25日頃から流行りだした。このタイミングで、このアプリの登録時に必要な電話番号で国番号+81(日本の国番号)が追加されたとのこと。

実はサービス自体は既に昨年の夏(2020å¹´7月)頃から、そしてベータ版は2020年月頃から北米西海岸を中心に始まっていた模様。このタイミングは、各アカウントにある招待してくれた人(Nominated by)を辿っていき、開発者(@rohan、またはアプリアイコンにもなっている@iambomanix)に辿り着くことで分かる。




日本でも既に多くの人が招待を受けているようで、マスメディア、芸能関係、政治関係者、その他インフルエンサーなどでも早い段階から入ってきている人も多い。このあたりはそれぞれの業界関係者のTwitterへの参入時のときから比較すると、かなりリーチが早く、正直驚いている(これまでのSNSの傾向的に、この手のアーリーアダプターはテック系メディア関係者やITエンジニアなんか界隈で賑わうことが多い印象が個人的にあった)





ガイドライン

ユーザーが勝手に作ったマナーではなく、共通のコミュニティガイドラインが定義されている。ルーム内の上にある📄のようなアイコンを押すと読むことができる。
このルールは公式サイト内からもリンクされている。




このガイドラインの中に、サービスのルールが記載されている。基本的なものを要約すると下記のようになる。(正確なルールは上記記載を自分で読んで正しく理解すること!)

サービスを利用するには下記のルールに従うことに同意する。違反者はサービス利用停止される可能性もある。


  • サービスでは本名とIDを利用する。
  • 利用者は18歳以上である必要がある。 (未成年者の利用禁止)
  • 個人やグループに対するイジメや嫌がらせなどの禁止
  • 差別行為、暴力、危害行為などの禁止。
  • 許可無く他人の個人情報を晒したり、それをバラまくと脅迫したり、その行為を煽るようなことの禁止。
  • サービス内で得た情報を当人の許可無くコピー、保存、複製するようなことは禁止(つまり、参加者の許可無しに勝手に会話の録音などはNG)
  • 知財、著作物を勝手に利用したりアップロードしてはいけない。またそれらを侵害するような話をしない。
  • デマの流布、スパム行為の禁止
  • 某国元大統領のように個人または団体などに対して攻撃をけしかけるよう呼びかけたり、虚偽の情報を喧伝しない。 
  • 不正または違法行為目的でのサービスの禁止。

アカウント機能

サービスを利用するために必要な自分のアカウント。登録は招待制。登録時にSMSが必要なため、電話番号が必要。アプリ単体でできることは、自分の電話番号を入力し、希望するアカウントIDを確保しておくことのみ。

招待

招待する人の電話帳に登録されている必要がある。招待SMSは招待する人のSMS電話番号から直接送信される。そのため招待する人にはSMS送信料(およそ3円/通)が発生するので注意。

追記:SMSは必ずしも送信の必要は無い。SMS本文にあるURLはあくまでもアプリダウンロードページへのURLなので、電話帳に入っていてアカウント予約まで済んだら、Inviteが押されたら、しばらくすると登録可能になる(thanks @sori_ja

フォロー

任意のアカウントをフォローすることができる。フォローすると、フォローした人が下記のアクションをした時に通知が来る。通知の頻度は設定から変更できる。

通知されるアクション

  • フォローした人がルームのモデレーターやスピーカーとして参加したルームの通知
  • フォローした人がリスナーとして参加したルームの通知
  • フォローした人が開始予約したルームの通知
なお、通知が多い人の通知頻度を変更したり、興味ない人の通知については個別に設定することができる。
フォローした人のアカウント画面を開いて、ベル🔔のアイコンをタップする。すると通知頻度をAlways(常に) / Sometimes(時々) / Never ever(通知しない)から選ぶことができる。







なお、新しく招待された人がフォローしている人と、その人を招待人関連を初回登録時のフォローリストに表示され、デフォルトだと一括フォロー対象として表示される [どのあたりまで対象になるのか要確認]
自動的にフォローされるわけではないため、新規の人が任意でチェックを外すことができるが、そのままポチポチ登録された場合、フォローされやすくなる。
そのため、影響力の大きい人にフォローされていたりすると、あとから登録した人にフォローされやすくなる。[要検証]

ブロック

Twitter同様、特定のアカウントをブロックする機能もある。ただし現在のところ、ブロックしたユーザーを確認したり、解除する機能が無いため、一度ブロックしたら永久にそのアカウントを見ることはなくなる

ブロックされたユーザーは、ブロックした人が作成したルーム、モデレーターまたはスピーカーのルームが表示されなくなる。また、ブロックした人が参加しているルームはデフォルトでリストからは非表示になっているが、フィードの下で非表示になっているルームがある事を示すアイコンが表示される。それをタップすると、対象のルームが表示され、必要によって参加することもできる。
ブロックした人とブロックされた人が同じルームにリスナーとして参加した場合、それは特に通知されない。
また、自分がフォローしている他の複数の人からブロックされているアカウントにはがマークされる。具体的には下記の様に、対象ユーザーのプロフィール画面に表示される。記号をクリックするとその説明が表示される。説明文はここから参照できます。






検索/レコメンデーション

任意の人を検索して探すこともできる。また、フォローしている他のユーザーがフォローしているアカウントや電話帳内で電話番号が一致したユーザーなどをレコメンドとして表示する。

削除

アカウントの削除をすると登録情報は削除される。取得済みアカウントも解放されるが、30日間以内に限り、同じアカウントに戻ることができる。

初心者マーク

アイコンの左下にクラッカー🎉が表示されている人がいる。これは登録しはじめてから1週間以内のユーザーに表示される。初心者マーク🔰と同等の意味をもつので、優しく見守ったり、色々教えてあげると良いかも。


ルーム

会話のために作成されるルーム。その形式は3種類ある。



  • Open……Clubhouseの誰でも入れる。
  • Social……自分またはスピーカーがフォローしている人のみ入ることができる。フォロワーではない。相互フォローだと一覧にルームが見える。
  • Closed……ルーム作成時およびルーム内から招待された人のみ参加できる。
一度作成したルームはClosed ▶️ Social ▶️ Open の順であれば公開範囲を変更できる。その逆はできない。

リスナー/スピーカー共に特に上限は求められていない。ただし、リスナーはサーバーから音声が配信されるのみなので1000人以上でも比較的安定している。

スピーカーは、各地域のエッジサーバー(日本からの通信なら日本国内のサーバー)と通信していて、そこの全体キャパシティを超えてくると切断されることがあるm

切断された場合、再び同じルームに戻ればスピーカーは再びルーム内のおなじ権限で戻ることができる。ただしスピーカーとして入る場合、マイクは一時オフになっている。

Socialルームの場合、スピーカーのフォロワーのリスナーとして入場した場合、自分がフォローしているスピーカーがそのルームから出たり落ちたりすると、そのルームから追い出される。フォローしているスピーカーが再びそのSocialルームに戻ると、再度入れるようになる。


ルーム

各トピックに基づいて会話するルーム。トピックは作成時に設定したものから変更する事はできない。
各ルームに入った際にいきなりスピーカーになることはない。そのため、いきなりマイクがオンになることはない。(※自分がルームを作成した場合、および1人目の入室者でない場合を除く)

また、何れかのOpenルームに入ったことはフォロワーに通知される。Socialルームはそのフォロワーと共通のフォローがスピーカーにいる場合通知される。


ロール

ルーム内の人にはそれぞれ役割がある。

  • モデレーター(Moderator)……ルーム内に来た他の人をモデレーターにしたり、スピーカーにしたりする権限を持つ。スピーカーとしての権限も持つ。部屋のクローズもできるが、他にモデレーターがいる場合、その部屋は残る。また、リスナーの中から発言を希望する人が手を挙げ(Raise Hands)た場合、その通知を受けることができ、スピーカーとして招き入れることができる。また、逆にスピーカーをキックする(リスナーにする)こともできる。
  • スピーカー(Speaker)……ルーム内で発言することができる。モデレーターのような権限はない。荒らし行為をするとモデレーターにキックされることもある。
  • スピーカーがフォローしているリスナー(Followed by the speakers)スピーカーの誰かがフォローしているリスナーがいる場合、ここに表示される。スピーカーの誰かの知りあいだったりする可能性が高い。
  • その他のリスナー(Others in the room)……Publicルームのみ表示される。スピーカーのフォローと関係無しに外部から聞きに来た人はここに表示される。片思われのフォロワーとか。


適当に現在オープンで興味のあるルームに入る。ルームに入った際は、オーナーが一人の場合、最初の一人目も自動的にスピーカーとなる。スピーカーは自分で聴衆に戻ることもできる。


遅延状況

スピーカー、モデレーターはリスナーとは別経路で配信になっているのもあるため、リスナー側での遅延は感じないし、リスナーは割と比較的安定して聞くことができる。

スピーカー、モデレーター間の会話は低遅延で、会話がかみ合わなくなることはほぼない。
ただし、ルーム内でそれぞれ楽器を使ってセッションしようとした場合、どうしても僅かに遅延が発生してしまうため、合わせることはかなり難しい。

会話の内容について

サービスとして、会話の内容についてはその会話ルームについて通報がされない限り録音されることはない。つまり、アーカイブされない、一過性のものとなる。ただし、ルームに対して通報がされた場合、その内容は録音され、内容は運営メンバーが確認に使用するとのこと。また、確認が完了した後、その録音データは削除される。

これは前述のガイドライン内に記載されている。

Temporary audio recording: Solely for the purpose of supporting incident investigations, we temporarily record the audio in a room while the room is live. If a user reports a Trust and Safety violation while the room is active, we retain the audio for the purposes of investigating the incident, and then delete it when the investigation is complete. If no incident is reported in a room, we delete the temporary audio recording when the room ends. Audio from (i) muted speakers and (ii) audience members is never captured, and all temporary audio recordings are encrypted.

シェア機能

固有URL

アカウント
各ユーザーのアカウントへのパーマURLはなさそう。あるかもしれないけど、今のところ見つかっていない。

ルーム
現在のルームをほかのユーザーを他のSNSから招待するため、ルームへの固有URLは発行機能がある。おそらくモデレーター、スピーカーが使える。
URLは下記の様なフォーマットになる (XXXXXXXはランダム)
https://www.joinclubhouse.com/event/XXXXXXX

イベントの予約
また、アプリ上部にあるカレンダーアイコン🗓を押すと、指定日時にルームをオープンする予約イベントを作る事ができる。イベント情報はフォロワーに公開される。
イベント情報はカレンダーに登録したり、シェアしたりすることができる(URLは上記と同じ)


クラブ機能

グループのような機能。特定の話題について定期的に開催したい場合などに使う模様[要検証]。クラブに所属すると、そのアカウントの下部に所属しているクラブのアイコンとリンクが表示される。また、クラブ内独自のルール(ガイドライン)を設定することができる。

クラブの開設方法

現在アプリ内からクラブの開設機能は備わっていない。近日対応予定とのこと。それまでの間で作りたい場合、下記のURLから申請することで作成してもらうことがすることが可能とのこと。

定期的なミートアップ開催や、その実施時刻の設定、記載が必要。

サービスのコンセプト

※あくまでも現状のサービス設計から読み取った個人的な想像です。

知人達と気軽に色んな事話そうぜ!知り合いの知り合いも読んでみんなで議論しよう!
みたいなものだと思っている。
触れ込みとして「音声版ツイッター」といわれていたが、確かに堅苦しいこと無しに、誰かの会話を気軽に聞いたり、参加したり渡り歩く。という点ではツイッターのような気軽さがあるが、会話する人々の繋がりとしてはリアルの繋がりをある程度重視したものという感じがある。
これは現在の登録処理フローに出ていて、招待制という方法を採っていることもそうだが、SMSテキストベース、電話帳にいる人を招待するという仕組みからこれを感じる。
お互いに電話番号を知っていて、いつでも会話できる仲ではあるが、通話は基本的に1:1だし、音声サービスを使うにも、お互い別途アカウントを取得、交換しておく必要がある。

そうではなくて、電話帳にいる人同士、その友達同士を誘い合って気軽に語り合ったり、話を聞いたりする。そして新しい繋がりが生まれる。そういうコンセプトの元で設計されたサービスだと考えている。
なので、現在のTwitterのように雑に色んな人がいて読みたい人の発言だけを追って、時に目に付いた投稿に反応する。といった人同士の繋がりではなく、ポスト内容や、どこの誰とも分からない人同士での気楽な繋がりとは少し異なるような気がしている。

"音声と時間"という実在の人物とリアルタイムに紐付くサービス故に、なるべく実名での登録、そしてSMS認証と招待制。という体制を取っているものと思われる。


利点

ルームに上限がない上限はある

リスナーおよびスピーカーに上限は特にない。
具体数は明示されてはいないが、あまりにも多い場合は、後から入室しようとした人に対して、「人多すぎ」のメッセージが表示されることもある。誰かが退室すればその瞬間に入ることもできるようだ。
リスナーは1000人を超えても比較的安定して提供される模様。ただしスピーカーは100人ほどにもなると、ルームとの接続を切られるケースが出てくる。100_人に見た図とも、30人前後でなることもある。(少なくとも日本リージョン、混み合いがちな深夜帯での観測)

リスナーの上限は1ルームにつき最大5000人となる。これは今後拡充される可能性もあるが、インフラ側の制限もあるためすぐには難しい可能性もある。テスラ会長のイーロン・マスクやFacebook CEOのマークザッカーバーグがスピーカーとして降臨した際には、ルームに入れなかった人達向けにが中継ルームが複数立ち上がるぐらいの混雑具合となる事もある。

会話の内容はアーカイブされない

リアルタイム限定なので、すべてがココだけの話。令和コソコソ噺。ただしその場の人々の記憶には残ります。発言には責任を持ちましょう。



難点

会話の内容はアーカイブされない

その特性により、時間軸はリアルタイムのみで同期されること。そのタイミングを逃したらその会話をあとで聞きなおしたりすることはできない。また、基本的に録音も禁止されている(プライバシーの観点もあるだろう)それらを求める場合、Podcastやアーカイブ可能なほかのストリーミングサービスを利用する必要がある。

提供されるのはあくまでも音声のみ

オンラインカンファレンスなどの場合、スピーカーはしゃべりながらもリスナーや他のスピーカーに対して画面を見せたりすることで、別のリファレンスを提示することができる。
しかしこのプラットフォームではそれができない。そのため、URLや画面を共有したくてもそれができないため、必要がある場合、別の手段(SNSなど)を通じてそれを提示する必要がある。

外部で自分のアカウントを提示しづらい

アカウント名を通知することはできるが、現状パーマURLがないため、アカウントへリンクしたりすることはできない。


本名ベース

なるべく本名ベースのサービスで、実際多くのユーザーが現時点ではほぼ本名登録をしている。そのためTwitterの匿名性と比べると少々敷居が出てくる。ただし厳しく審査しているわけではないため、偽名を使うことも可能。クリエイターネームという本名とは別名を名乗ることも可能。ただしプロフィールページでは本名と併記となる。

iOS Only

現時点ではAndroid版はリリースされていない。iOSデバイスを持ってない人を招待しても利用することができない。



0 件のコメント:

コメントを投稿

👋Clubhouseについてまとめ(更新)

最近流行している新しいSNS、 Clubhouse  。これまでのSNSと異なり、文字によるコミュニケーションではなく、音声でのコミュニケーションがメインのSNS。 テキスト主体のSNSが Twitter 、画像主体のSNSが Instagram 、あるいは Pinterest ...