Windows 7 beta1

Windows 7 beta1 の一般公開が始まったようなので、現在使用している環境に入れてみました。

最初は仮想環境としてVirtualBoxで入れてみましたが、Explorerなどがうまく起動しないなどあり、断念。
続いて、別途実験などの環境のために用意してあった別のHDDにインストールしてみました。
インストール時などのスクリーンショットは撮り忘れたので割愛させてください。。。

んで、一通りインストール完了!

ベータということもあって、一部がまだVistaのままです。サウンドとか。 それでもペイントのリボンインタフェースなどもきちんと使えてました。それが機能として”使える”かは別として(好き好きもあるでしょうし…)。
 あとはVistaからの変更点というのは、正直なところ自分はVistaを十分に使ったことがない(さわった程度)ので、比べようがないと行ってしまうとそれまでになってしまいますが、XPと比較すればインタフェースとしてはやはり進歩していて使いやすくなっているのかなぁと思いました。 ただ、まだ目新しく感じるだけというだけで、全部が使いやすいかどうかはこれからしばらくさわってみないと分からないですね。 

Vistaでさんざん言われていた確認画面ですが、自分の環境ではインストール実行時にはほとんどの確率で最低1回(実行開始時)は表示されました。
 その確認画面も、確認メッセージを表示させる度に画面描画を変更させているせいなのか、いちいち画面が切り替わる感じ(解像度などの設定変更する時のようなちらつき)があり、そのせいで毎回画面がちらつくことと、その際の時間のロスが少々利用者をイライラする感じではありました。
ここも製品発売時には改善してもらいたいです。

 と、僕のファースト・インプレッションはこんな感じでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Apple Musicのプレビュープレイヤーが公開されたので実際に使ってみる

Apple Musicのウェブプレイヤーが公開され、誰でもiTunesストアおよびApple Musicで配信されている楽曲の埋め込みができるようになったので使ってみました。 Apple Music マーケティングツール  こちらのページからアーティスト名や楽曲名で検...