ネットブックを購入した

4月4日に発売された、バッテリー稼働時間9.3時間を誇るASUSのネットブック「EeePC 1000HE」を昨日(つまりは当日に)買ってきました。
バッテリ時間が従来のネットブックの中では現在最長の9.3時間ということと、CPUが従来のEeePCのAtom N270 1.60GHz からAtom N280 1.66GHz にグレードアップしてること、IEEE 802.11n(Draft 2.0)に対応してることに惹かれました。
本当は先日までは同じASUS製の「N10Jc」を買おうと思っていたのですが、GPUも使えたらいいけど、実際それほど使わないかなと思い、モバイルネットをするに当たり一番重要となるバッテリの持ち時間が一番長いこちらに決めました。

自分にとって久しぶりのノート型。前回のノートは8年前に買ってもらったVAIOノート VAIO PCG-XR7S。あれは3kgもあって重くて持ち歩く気にもならなかった。。。

今回これを買った理由は、外でのネット環境を整えたかったこと。
これについてはいくらかはiPhoneでまかなえるのだけど、やはりそれだけではできないこともまだまだある。
あとは出先で何らかの緊急対応を必要とする際にその場ですぐに対応できるように。
あとは外でほかのエンジニアの人とその場でコーディングし合うなんてことも出来たらいいなぁと思っていたため。
そして恐らく今後いろいろと機会も出てくるであろう、Genesis Lightning Talksなどの発表の場でプレゼンをする際に必要になるだろうと思ったため。

今はまだモバイルデータ通信のためのデータカードもないし契約もしてないけれど、それも後々、近いうちにしたいなーと思ってます。というかすると思う。

近く、会社の研修旅行で韓国に行くことも決まっているため、その際にも持って行きたいなぁと思ってます。
現地ではWibroというWiMAXをレンタルする予定。

と、今後はようやく手に入れたこのモバイル環境を活かしていろんなことが出来たらいいなぁなどと妄想しております。

初ネットブックなのでほかとの比較対象がないけれど、後のエントリーで簡単な使用感レビューを書いてみます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

NGINXのSecureLinkモジュールを使ってみる

突然ですが SecureLinkモジュール とはなんぞや、というところですが、簡単に言うと、サービス登録時のメールアドレス確認で、下記の様なメールで見たことがあるような、一定時間のみ有効な時限式URLの認証機能を提供するモジュールです。 通常このような機能を作成する場...