テスト用の簡易SMTPサーバをPythonで作る

メール送信処理のテストをしたいのだけれど、わざわざテスト用のメールサーバを用意するのも面倒。
そんな時に便利なテスト用サーバを簡単に作る方法。

以下のコードを記述し、Pythonで実行するだけ。


pythonコマンドで上記スクリプトを実行してコマンドプロンプトまたはターミナルに待機させておくだけ。

あとはローカル環境からメール送信を実行すると、インターネット上のメールサーバに行かず、送信されたメールは、例え宛先が実在するドメイン名、ホスト名、アカウント名であっても、すべて上記のスクリプト側でキャッチされ、外(インターネット)へは行きません。

キャッチされたメールの内容は画面に出力されていきます。

なのでスパムメール送信処理のテストにはもってk
ループ処理などで一斉にメール送信をする処理のテストであっても、誰にも迷惑をかけずテストをすることが出来ます。

以下の記事から引用
テスト用のオレオレSMTPサーバー - Watanabe.Tの日記
http://d.hatena.ne.jp/watanabe_t/20080808/1218175319

すごく便利だったのですが、だいぶ前に元記事が消えてしまっていた(この方のアカウント毎無くなっていた)ので、Webアーカイブから引っ張ってきて紹介。(もし問題があるようでしたらこの記事も消します)

0 件のコメント:

コメントを投稿

東京メトロと富士ゼロックスのサテライトオフィスサービスを利用してきた

富士ゼロックスと東京メトロが実証実験を行っている、 サテライトオフィスサービス を利用してみました。 サテライトオフィスサービスとは何か。 街中の一角に壁に囲まれたスペース内に電源とディスプレイとWi-Fiが提供された個室サービス。 こちらのサービスでは現...