Apple Musicのプレビュープレイヤーが公開されたので実際に使ってみる

Apple Musicのウェブプレイヤーが公開され、誰でもiTunesストアおよびApple Musicで配信されている楽曲の埋め込みができるようになったので使ってみました。

Apple Music マーケティングツール こちらのページからアーティスト名や楽曲名で検索し、Apple Musicで配信されている楽曲に関してはページ内埋め込みができます。
このように、埋め込み時のサイズを指定すると、その下に埋め込み時のプレビューが表示されます。

もしプレビューが表示されない場合は、配信が停止された場合か、下記ドメインのクッキーに対して許可が必要になります。

embed.music.apple.com

プレビューのしたに、埋め込み用のコードが表示されています。
現在は「プレビュープレイヤー」用のコードが表示されていますが、他に「バッジ」「Text Lookup」「App Icon」などの方法によるリンクも設置できるようになっています。

下記は私が個人的に好きなアーティストさんのアルバムを表示したものです。


アルバムに入っている特定の楽曲を指定した場合は下記の様になります。(トラック9のInternet Cityを指定)


一部、プレビュープレイヤー(埋め込み型プレイヤー)では配信できない楽曲もあるらしく、その場合はプレイヤーを埋め込んだ場所に下記の様に表示されます。
この場合は仕方がないので、リンクで対応する必要があります。(リンク先では表示、プレビュー可能でした)


埋め込み型ウェブプレイヤーは基本的にはiTunesのプレビュー試聴が出来る状態です。
実際にApple Musicで試聴するにはiTunesが必要です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スマートフォンゲームで利用されているフォント

数多くのスマートフォンゲームが日々リリースされていますが、ゲームも基本システムが似ているものから独特のものまで様々。もちろんUIもそれぞれのゲーム毎に特徴が異なるわけですが、最近はゲーム内の世界に合わせてやや特徴的なゲーム内フォントを用いることも増えてきてます。 そんな...